あくびの原因と病気
低酸素血症
ここではあくびの原因となる病気、低酸素血症について詳しく説明しています。

低酸素血症とは、動脈血液中の酸素量が低下した状態の事を言います。血液中の酸素が不足することで、全身に至る組織が活動するのに必要な栄養、エネルギーが不十分になり、全身に様々な障害を引き起こす病気です。

低酸素血症の原因としては、標高の高い高山など酸素が薄い状況下にさらされて起こる高山病や、一酸化炭素中毒など様々な原因が挙げられます。呼吸障害、神経筋障害、慢性閉塞性肺疾患(COPD)なども要因として挙げられます。


sponsored link




低酸素血症の症状としては、以下のような症状が挙げられます。
・チアノーゼ
・手足の冷感
・不整脈
・呼吸困難
・不安感
・言語障害
・意識障害
・視力障害
・肝機能障害
・腎機能障害

以上のように様々な全身性の症状が見られるのが特徴です。最悪の場合は死亡することもあり、大変重篤な病気に分類されます。低酸素血症の予兆としてあくびをすることもあるので、こういった病気のサインに注意したいものです。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 睡眠障害

⇒ 脳梗塞

⇒ 狭心症

⇒ 自律神経失調症

⇒ 更年期障害



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
akubee21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。