あくびの原因と病気
睡眠障害
ここではあくびの原因となる病気、睡眠障害について詳しく説明しています。

人間の体にとって睡眠は必要不可欠であることは言うまでもありません。睡眠によって人間は心も体もリフレッシュすることが出来ます。睡眠時間も人によって適切な時間は様々ですが、成人であればおよそ7時間程度取ることが理想とされています。


sponsored link




睡眠の種類として、レム睡眠とノンレム睡眠という言葉を聞いたことがあると思います。レム睡眠は比較的浅い眠りで、脳は活動していて身体は休んでいる状態で、夢を見るのはこちらの状態の睡眠時です。ノンレム睡眠は比較的深い眠りで、脳も身体も休んでいる状態で、こちらも夢を見ることはありますが起きた時に内容をほぼ覚えていません。睡眠時は、このレム睡眠とノンレム睡眠が交互に現れます。

ノンレム睡眠の時には、新陳代謝が高まっている状態です。体を動かさないと代謝が高まらないと思っている方は多いのですが、実は寝ている時にも代謝が高まるのです。ですので、睡眠が不足していると代謝も低下してしまい、疲れが体に残ったままの状態になります。

また睡眠障害の代表的なひとつ、睡眠時無呼吸症候群(SAS)によっても慢性的な睡眠不足が起こり、あくびが出る以外にも日常生活において様々な支障を来たす恐れがあります。よくいびきをかくという方は、一度検査を受けに行くのも良いでしょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 低酸素血症

⇒ 脳梗塞

⇒ 狭心症

⇒ 自律神経失調症

⇒ 更年期障害



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
akubee21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。