あくびとは
あくびをするとなぜ涙がでるのか
ここではあくび(欠伸)について、あくびと涙の関係を詳しく説明しています。

あくびをすると必ずと言っていいほどほとんど同時に涙が出てきます。あくびが止まらないというほど複数回重ねた時でも、最後の方は少量とはいえ涙は流れます。

なぜあくびをすると涙は出るのでしょうか?


sponsored link




これはあくびをする際に大きく口を開ける動作が関係しています。あくびの際の大きな開口によって目頭にある涙を貯蔵している袋が圧迫され、涙が押し出されて出てきます。涙は眼球が渇かないよう常に少量ずつ涙腺から分泌されていますが、その涙を貯めておく袋が、大きく口を開けたときに顔の筋肉の伸縮で圧迫され、涙が溢れ出てくるのです。
また目と鼻は繋がっていて、余分な涙は鼻へと流れていくのですが、あくびによって目と鼻を繋ぐ穴も塞がってしまい、その結果、押し出された涙が鼻に流れず目頭から溢れ出ることになります。

しかしあくびの際に我慢をして口を開かないようにしたとしても、涙は出てきます。これは口を開けていないにしても、あくび刺激によって口腔や鼻腔が内部で広がっているので結局は口を開けてあくびをしているのと同じだからです。

一説によるとあくび動作の反応によって脳に刺激が加えられ、涙腺の分泌が過剰になるのではないかということも考えられています。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ あくびのメカニズム

⇒ 生あくびとは


TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
akubee21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。