あくびの原因と病気
更年期障害
ここではあくびの原因となる病気、更年期障害について詳しく説明しています。

更年期とは閉経の前後の期間を指し、閉経はおよそ45〜55歳の間に迎えることが多く、平均では51歳と言われています。この時期を更年期と呼びます。そしてこの時期に起こる体の変化に伴って生じる様々な症状を総称して更年期障害と呼びます。


sponsored link




更年期に入ると、加齢に伴う卵巣機能の低下によって、卵巣から分泌される女性ホルモンの量が減り、これが脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼして、自律神経失調症を引き起こします。また、この年代の女性を取り巻く家庭や社会環境の変化からくる心理的ストレスが大脳皮質に影響を与え、憂うつや情緒不安定などの精神症状を引き起こします。この自律神経失調症と精神症状が相互に影響し合って起こる様々な症状が、更年期障害の正体です。

更年期にはホルモンバランスが大きく変化することで、個人差もありますが様々な症状が現れます。月経不順や月経異常、ほてりやのぼせ、逆に冷え、頭痛やめまい、耳鳴り、動悸といった体の症状、不安感やイライラ、憂鬱感の増幅、不眠といった精神的な症状などが挙げられます。
異常な疲労感からあくびが出ることもあるので、不自然に止まらないあくびが出ると共にこれらの症状がある場合は、更年期障害を疑ってもいいかもしれません。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 睡眠障害

⇒ 低酸素血症

⇒ 脳梗塞

⇒ 狭心症

⇒ 自律神経失調症



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
akubee21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。